【Baseus RAPID 4 in 1 ケーブルレビュー】1つで同時給電できる充電ケーブル

baseus rapid 4 in 1充電ケーブルの箱

どうも、常に充電場所を探しているアキラ(@w_work_akira)です。

僕は普段からスマホやポケットwifi、iPad、kindleを持ち歩いています。

通勤電車の中でも使用しているので、充電も同時になくなってしまいます。

端末ごとにType-Cやライトニング、Micro USBと差し込み口が違うので、充電ケーブルを複数持ち歩いていました。

そこで今回購入したのが、充電ケーブルを1つにまとめることができるBaseusベースアスの「RAPID SERIES 4 in 1 ケーブル」です。

baseus rapid 4 in 1充電ケーブルの箱

BaseusベースアスのRAPID SERIES 4 in 1 ケーブルはおしゃれなデザイン性にくわえ、1つの充電ケーブルで4つの端末を同時に充電することができます。

色ごとに区別できる4色のコネクタに、最大3.5Aの急速充電を可能にした充電スピード。時間がない時の同時充電にぴったしです。

そんなわけで本記事は「【BaseusベースアスのRAPID SERIES 4 in 1 ケーブルレビュー】1つで同時給電できる充電ケーブル!」について書いていきます。

Baseus RAPID 4 in 1 充電ケーブルの外観

「Baseus RAPID 4 in 1 充電ケーブル」は先端ごとに色が違うおしゃれなデザインです。

baseus rapid 4 in 1充電ケーブルは4色

4色に分かれていているので、先端を見なくてもすぐに識別できるので便利です。

先端部分はアルミニウム合金でできており、光沢があります。

baseus rapid 4 in 1充電ケーブルの先端

ケーブル部分はナイロン編み込みで柔軟性と耐久性が高い仕上がりです。

baseus rapid 4 in 1充電ケーブルのナイロン

気になるのが、ケーブルの分岐部分。充電ケーブルを長く使用していると、分岐部分から切れやすいですが、この充電ケーブルは中に埋め込まれているので、耐久性も高いそうです。

ケーブルの長さは120cm。4本に分かれているところが30cm。1本のところが90cmになっており、使用してて短くて困るということはありません。

baseus rapid 4 in 1充電ケーブル

付属品にマジックテープバンドも付いているので、カバンの中でもまとめておきやすくなっています。

baseus rapid 4 in 1充電ケーブル

充電する端末ごとにコンセントの抜き差しする必要がなくなりました

Baseus RAPID 4 in 1 充電ケーブルは複数デバイスの同時急速充電が可能

「Baseus RAPID 4 in 1 充電ケーブル」は1つのUSBポートから4台の端末に給電することができます。

baseus rapid 4 in 1充電ケーブルを4台充電

ケーブル内部には内臓のスマートチップが備わっているので、同時にデバイスを接続しても最適な電流を流し充電してくれます。

充電ケーブル先端はTYPE-Cが2つ、ライトニングケーブルが1つ、Micro USBが1つに。

baseus rapid 4 in 1充電ケーブル

充電アダプタへの接続はUSBポートになっています。

baseus rapid 4 in 1充電ケーブルのUSB端子

「Baseus RAPID 4 in 1 充電ケーブル」は2つのTYPE-Cタイプと2つのライトニングケーブルタイプがあります。僕のスマホはTYPE-Cタイプのアンドロイドなので、

TYPE-Cが2つある充電ケーブルを選びました。

iPhoneを使用しているのであれば、ライトニングケーブルが2つあるタイプの充電ケーブルがおすすめです。

端末タイプ

充電速度も速く、公式によればiPhoneX/XRの充電は1.5時間で可能です。

Baseus RAPID 4 in 1 充電ケーブルのレビューまとめ

本記事は「Baseus RAPID 4 in 1 ケーブルレビュー!1つで同時給電できる充電ケーブル」について書きました。

通常の充電ケーブルは3 in 1 タイプが多い中、Baseus RAPID 4 in 1 は
4台のデバイスを同時に急速充電できるケーブルです。

デザイン性かつ耐久性も兼ね揃えた使いやすい充電ケーブルとなっています。

どうも、アキラ(@w_work_akira)でした。