ダイソーのタッチペンは本当に使えるの?4つのペンを購入・比較

ダイソーのタッチペン

タッチペンが欲しい
安くすましたい

でも、
本当に使えるの?
という方も多いと思います。

 

結論から言うと、

ダイソーのタッチペンでも問題なくスマホ・タブレットに使用できます。

ダイソーのタッチペンも指先とおなじような反応速度、なめらかなタッチの感覚、さらにダイソーで購入することができます。

 

そこで、この記事では実際に購入してわかった「ダイソーのタッチペンの特徴や使ったからわかること」についてご紹介していきます。

 

ダイソーに売っているタッチペンのタイプは3つ

  1. ゴムタイプのタッチペン
  2. 導電繊維タイプのタッチペン
  3. 円盤タイプのタッチペン

ゴムタイプのタッチペン

今回、購入したゴムタイプのタッチペンは2つ。

タッチペンの中では、一般的で種類が多いタイプになります。

 

ピンク色のペンは、ボールペンとタッチペンがセット。

ダイソーのタッチペン

先端は下のようなゴムになっています。

ダイソーのタッチペン

スマホとiPadに使用しましたが、 

 

もう1つは、銀色ののタッチペン。
ボールペンの機能がありませんが、アルミ製でできており、100均で購入が可能なのに高級感があります。

ダイソーのタッチペン

こちらも先端がゴムになっています。

ダイソーのタッチペン

スマホとiPadで、それぞれ反応速度を見ましたが、指で操作するときと大差はありません。
先端がゴムで柔らかい素材なので、画面が傷ついてしまうこともないです。

ただし、こちらのタッチペンはDSなどの加圧式の画面には対応していないのでご注意ください。

 

ゴムタイプの特徴は、

  • 反応速度は早い(指先と変わらない)
  • 画面が傷つかない

 

導電繊維タイプのタッチペン

ダイソーで購入した導電繊維タイプは1つ。

ダイソーのタッチペン

導電繊維は、下の画像のようにアルミで編み込みがされているタッチペン。

ダイソーのタッチペン

ペンの先端が導電繊維のゴムタイプはゴムのタッチペンと違い、画面をタッチになめらか感があります。

タッチ感もゴムタイプと変わらず、使いやすく、動作の遅れも指先と変わらないです。

電動繊維の特徴は、

  • なめらかなペン滑り
  • 動作の遅れはなし

 

円盤タイプのタッチペン

あまり見ない円盤タイプのタッチペン。

ダイソーのタッチペン

ペン先にこのような円盤がついています。

ダイソーのタッチペン

素材はプラスチックで、画面に当てると画面に合わせて円盤の角度が変わります。

反応速度は指先や他のタッチペンと変わりませんが、イラストなどを描くには、先端部分の円盤が大きく不向きです。

円盤タイプのタッチペンの特徴は、

  • 反応速度は指先などと変わらない
  • イラストを描くには不向き

ダイソーのタッチペンまとめ

ダイソーのタッチペン

基本的にどのダイソーのタッチペンを使用しても、問題なく使用することができます。
反応する速度も4つタッチペンとも変わらなかったです。

そのため、ダイソーのタッチペンを選ぶポイントしては、以下の3つ。

  • ペン先のタイプ
  • デザイン
  • ボールペン付

今回、ご紹介した商品はすべてダイソーで買うことができるので、お試しに購入してみてください。

あわせて読みたい記事